脱税の罰則,罰金,時効とは?税理士の価値

そりゃ脱税もしたくなる。

脱税で税務署から修正申告するように言われた、脱税したのかも・・・と不安になっている、これから事業を始めるけど脱税したくない
という悩みを持つ方に有益な情報・解決策を提供をしていきます。

働いても働いても、売り上げの大部分を税金として取られる。「なんで?俺が稼いだお金なのに!」本当にそうですよね、
自分が汗水して働いたお金を、国は税金という名前で簡単にもっていってしまいます。「それならいっそ、税金なんて払わない!」
という理屈で恐らく脱税という選択をする人が多いんでしょう。

脱税率が高い業種

世間一般では税金は日本国で生きていく以上、絶対に払わないといけないものです。そして、お国の税金徴収を委任された
税務署の職員が、脱税などさせてたまるかとばかりに、下舐めずりをしながら脱税犯を探しています。つまり、税金を逃れたいという
脱税者と(あるいは知らずに申告漏れをしてしまった人)、税務署(マルサ)との戦いが水面下で繰り広げられています。

ちなみに、脱税会では有名な伝説の情報源のコレによると、日本の脱税検数上位の職種は、「パチンコ」、「バー/クラブ/キャバレー」、「風俗」が、ずーっと長い事しめています。
脱税だけに限らず、いろいろな法に対してグレーな感じのする職種ですね。その彼らもやっぱり脱税の罰則は受けたくないので、
あの手この手で脱税の証拠を隠滅していますが・・・結果捕まっているわけです。ある意味、脱税のプロですが、それでも時効を迎える
前に税務署に見つかり、たっぷり納税の延滞金や、罰金を払っています。

なんで脱税ってばれるんだろう?

ん?そもそも、なんで脱税ってバレるんでしょうか。

大きく分けて、脱税がバレる原因は、2つだと思います。
 1.「税務署の税務調査」・・・すでに、税務署から目を付けられていた。
 2.「密告」、「チクリ」・・・ようするに、身内、近しい人、取引先に裏切られた。

ちょっと詳しく、この2つを掘り下げていきましょう。

 

 

■スポンサードリンク


え?俺が脱税?逮捕・罰金!?メニュー