脱税の罰則,罰金,時効とは?税理士の価値

ある日税務署がやってきた

もし、一度税務署からの指摘がきたら・・・ちょっと大変です。

税務署が税務調査を行う旨電話をかけてきた場合、かなりやっかい+非常にまずいです。税務調査を行うということは、
申告書類を見る限り何かしら疑わしい点があると、目星をつけてからくることになります。それは、つまり脱税・申告漏れを
指摘される可能性が高い事を意味します。

そして、自分の担当の税理士がいない場合・・・もはや言いなりになるしかないでしょう。向こうはあなたの脱税の証拠を
つかみたくてうずうずしてきます。うまい税務調査員はとても人が良さそうに振る舞い、巧みに税務調査と関係のない世間話を
してきます。税理士など相談できる相手がいない場合、「あ〜。いい人そうな税務署の人で良かった〜。」と安心して、つい
事細かに会社の状況やビジネスの仕方など離してしまう事も有るでしょうが、その時点でもう税務署にやられてます。

税務調査員の仕事は記録として残っている書類やデータを持っていって読むだけではありません。あなたのビジネスの細かなところを
できるだけ引き出し、何か申告書類に載っていない売り上げは無いか、計上できないような経費を使っていないか。それを
じっくり観察しています。

戦う税理士を探せ

こんな税務調査員のたくみな話術にはまりそうなとき、第3者の視点からあなたの余計なお口にチャックをしてくれるのも税理士の役目です。
記録として残った証拠をたくみに有利に利用し、何も問題のあるところは無いと主張してくれる頼もしい先生です。

ただ、ここも注意。税理士の先生によっては、税理士の仕事は得た所得を正しく納税させることと思っている、少し頭の硬いタイプの先生もいます。

こういう方は、経費のコントロールや節税をして、経営者の利益を最大化してあげようという思考をまったく持っていないのです。とくに、年配の税理士の方や昔ながらの税理士という感じの方に多い気がします。

僕らが税理士先生にしてほしい事はたった一つです。申告漏れなく正しい納税を指導してくれ、法の範疇の中で最大限に経費で計上できるように節税を行い、万が一にも脱税・申告漏れを税務署に指摘された際には、法を武器に商売人に変わって全力で税務署と戦ってくれる先生ですね。

私は運良く見つけることができました。

 

 

■スポンサードリンク


え?俺が脱税?逮捕・罰金!?メニュー