脱税の罰則,罰金,時効とは?税理士の価値

税務署と闘い脱税の潔白を証明する

運悪く、優秀な税理士先生に合う前に税務署から指摘を受けた場合、今度は異議申し立て・不服申し立てを行い、審査請求を
国税庁以外の庁に依頼をし、裁判という法廷の場で決着をつけ潔白を証明しなければなりません。

その際には弁護士さんたちと横のつながりのあるような税理士さんを身内にしておく必要があります。法定にも強い税理士さん探しもここでどうぞ。

脱税が確定後、重加算税への対策

不服の申し立ても実を結ばず、納税の義務を求められこともあるでしょう。その際には法外な延滞税と重加算税という重たい
金額を納税する義務が発生します。
重加算税は35%〜40%というあまりにも重たい年利になります。事業に資金を払っているため
追徴課税を支払う事ができないケースも特に中小企業では多いと思います。
最悪の場合ですが、キャッシングに頼ることも
選択肢として考えていいと思います。自分の会社を守る事がまず先決ですので。

正しい方法で脱税を予防する

普段からまじめに税金の事を勉強して、難しい部分は税理士というプロを頼りながらも、正しい納税を心がけて下さい。
脱税はりっぱな刑事犯罪ですし、それが心の住みに有っては本業のビジネスに集中することができません。
私たち事業主の
やるべき事は税金を操作して少しでも利益を上乗せする事では決して無く、自分がプロとして飯を食っている業界で、
より良い商品やサービスを提供する事でお客様の指示を集め、それで事業を大きくしていく事のはずです。

本質を忘れず、自分の仕事に集中してがんばっていきましょう!

 

 

■スポンサードリンク


え?俺が脱税?逮捕・罰金!?メニュー